ノートンセキュリティを使ってみた

世界的なシェアの高さを誇るノートン セキュリティ。ウイルス検出力、ファイアウォール機能、Web保護機能などあらゆる点で満足のいく性能だ。

Norton_Package

シマンテックのノートンといえば古くからある世界的に有名なウイルス対策ソフトだ。

ノートンの特徴は高いウイルス検出力。危険度が高のウイルスはもちろん、比較的危険度が低いアドウェア(広告を目的とした不正プログラム)やスパイウェアなどもバンバン検出する。アドウェアの中にはフリーソフトを動かすために必要なものもあるのだが、ノートンの「検疫」というしくみでは必要に応じて復元することが可能だから安心だ。

また、数千万のノートンユーザーから集めた情報を元に「信頼できるプログラム」や「不正なプログラム」などの評価を登録したデータベースが構築されているのが面白い。こうしたデータベースを作成できるのも、ノートンが世界的に高いシェアを獲得しているからにほかならないだろう。

他にもCPUやメモリの使用割合などをグラフで視覚化した「パフォーマンス」画面など、コンピュータ内部の状況を詳しく知りたい人には興味深い機能が満載だ。

反対にパソコン初心者にとっては用語が専門的だったり、情報が詳しすぎて戸惑う点が多いかもしれない。そうした点から言ってもノートンは、コンピュータを使いこなしたい中・上級者向けのウイルス対策ソフトといえるだろう。

norton_graph
製品名 ノートンセキュリティ
対応OS Windows / Mac / Android
利用可能台数 3台まで
※プレミアムは5台まで
価格(税込み) ダウンロード3年版 12,830円
ダウンロード2年版 11,858円
ダウンロード1年版 6,998円
備考 沖縄旅行やノートパソコン、ルンバなどが当たるキャンペーン中 2016/7/12まで

ノートン ダウンロード

ノートン ダウンロード

ノートンセキュリティ 他社比較 製品レビュー

ノートンのQuorum(クオラム)は世界中のノートンユーザーからファイルの信頼性についてのレピュテーション(評価)を集め、それをフィードバックするしくみだ。ノートン独自の高いスキャン技術に加え、ファイルの信頼性を加味して判断するためより精度の高い検出が可能になっている。

完全スキャンに要する時間は2回目から飛躍的に減少。「信頼できるファイル」のしくみがここでも生きている。

norton01

ノートンはパソコンにお試し版として付属していることも多いソフトなので、知名度の高いウイルス対策ソフトといえるだろう。

2~3年前のバージョンでは「パソコンの動作が重くなる」などの意見も散見していたが、改良を重ねた結果、現在のバージョンでは非常に軽快に動作するようになっている。最近のパソコンは性能が高いのでもちろんだが、一世代前の古いパソコンでも、Webサイトの閲覧が重いとか、パソコンの立ち上がりが遅いなどといった感覚はほとんど感じられないだろう。

ただしコンピュータの完全スキャンに関しては、スキャンするファイル数が多いためか、ESETウィルスバスターなどに比べると長い時間がかかった。データ容量の大きなパソコンの場合は数日かかることがあるかもしれないので注意しよう。もっとも、当方で独自に行ったウイルス検出テストでは、ESETとノートンが最も検出率が良かったので、パソコンをしっかり守るためには多少の我慢は必要かもしれない。

さらにノートンでは、スキャンした結果「信頼できるファイル」に登録されると2回目からはスキャンしないので、調べるファイル数も時間も激減する。

この「信頼できるファイル」かどうかを判断するQuorum技術は、世界中のノートンユーザーから匿名で集めたソフトウェアの使用パターンの情報や、大企業向けデータ収集プログラムに協力している企業からの情報、ソフトウェアの販売元が提供する情報など、さまざまな情報を元に解析する技術だ。この技術により、既知の脅威のみならず、あらゆる実行可能ファイルについての安全性を、高い精度で判断することが可能になっているのだ。

システムインサイト画面はパソコンの動作を重くする原因を調べるのに役立つ、中・上級者には嬉しい機能。

ノートンのメイン画面から「パフォーマンス」をクリックすると表示されるのがシステムインサイト画面だ。まずはこの画面でCPUやメモリの使用割合をグラフで確認できる。グラフで表示する期間は10分、30分、90分、日、週、月から選べる。

またコンピュータ全体の使用割合と、その中でノートンが占める割合が色分けされているので、ノートンがコンピュータに与えている負荷をひと目で確認することができる。コンピュータ全体のウイルススキャンを行っているときなどは、さすがにノートンが高い負荷を占めているのがわかる。

左のメニューから「ノートンインサイト」をクリックすると、コンピュータ内で実行中のプログラムの評価を確認できる。ここでの評価に使われているのがQuorum技術だ。実行ファイルの名前とファイルの信頼レベル、世界中でどのくらいのユーザーが使用しているか、コンピュータに与える負荷やプログラムの安定性などを一覧で表示してくれる。

さらに気になるプログラムの名前をクリックすると「ファイルインサイト」の画面で詳細を確認できる。普段使用しているプログラムが多数のユーザーに支持されているのか、比較的少数のユーザーしか使用していないのかなどを確認できるのが面白い。

ノートンインサイトで少しだけ困るのは、インターネットからダウンロードしたフリーゲームなどで遊ぼうとすると、警告画面が表示されることがある点だ。こんなときはファイルインサイト画面で「今すぐ信頼」をクリックすれば警告が表示されなくなる。

また、オーディオプログラムを実行時にCPUの使用状況が100%近くになることがあるが、この場合もたびたびパフォーマンス警告が表示されて鬱陶しい。そんなときはファイルインサイトの左のメニューから「活動」をクリックし「このファイルについて警告しない」をクリックすると、警告が表示されなくなるので覚えておくと便利だ。

ちょっと面倒な気もするが、いったん使い方を覚えてしまえばそれほど面倒ではないし、不正なプログラムの実行をブロックし警告を発するシステムインサイトは頼もしい技術といえることは間違いない。

意外に知られていない便利機能。あらゆるWebサイトのログインIDやパスワード、クレジットカード情報などを一括管理するIDセーフ。

インターネットの利用が増えれば増えるほど、ログインIDとパスワードを使って認証するサイトの利用も増えてくる。

FacebookやWebメール、ショッピングサイトなど、個人情報もたくさん保存されていて、うかつに他人に覗かれたくないものばかりだ。こうした個人情報を保護するためにパスワードがある。不正な攻撃によって破られにくい強いパスワードのルールとしては、

  1. 英字(大文字、小文字)、数字、記号などを組み合わせる
  2. 単純な単語の組み合わせなどにしない
  3. 氏名、誕生日、ペットの名前などを使わない
  4. 定期的に変更する
  5. 複数サイトで使い回ししない

などがある。

だが、複雑なパスワードが攻撃に強いことはわかるが、たくさんのパスワードをサイトごとに使い分けるのは実際には難しい。定期的に変更となるとなおさらだ。だかといってパスワードをメモして引き出しに入れておくなんてことはとても危険な行為だ。こんなときに使えるのがノートンのIDセーフだ。

さまざまなWebサイトのログインIDやパスワード、その他の個人情報は、シマンテック社のデータベースサーバーで保管されていて、マスターパスワードを知っているユーザーしかアクセスできない。マスターパスワードが記録されているデータベースはシマンテックの社員ですら入れない特別な環境で管理されているので安心だ。

ノートンIDセーフを使えば、どんなに複雑なパスワードだって安心して設定できる。そして、いったん登録すれば次からはマウスで選択するだけでIDやパスワード、クレジットカード情報など、面倒な入力が一切必要なくなるから、使い始めるとノートンをやめられなくなるというくらい便利な機能といえるだろう。

ノートン ダウンロード

ノートン ダウンロード

このページの先頭へ