「安かろう悪かろう」ではなくなった今のウイルス対策ソフト事情

インターネットに接続することによるネットの向こうからの攻撃・脅威は収まる様子が全く見えないどころか、年々攻撃の種類は多彩になり攻撃を受ける箇所もどんどん広がりを見せている。

ネットに接続する人口が大幅に増え、相対的にネットを利用するユーザーの平均的なリテラシが低下していることも理由の一つかもしれない。ユーザーが大きく増えたということは、攻撃に引っかかる確率が低くても攻撃者側の収支が見合うことも意味している。

これらネットからの攻撃に対抗するためにウィルス対策ソフトもそんな状況を黙って見ている訳ではなく、今のソフトウェア製品のジャンルの中では最も速い進化をしているソフトの一つと言える。

そんな流れは低価格製品や無償利用が可能な製品にも及んでいる。かつての常識では考えれないレベルの性能を持つ低価格製品、無償の製品も生まれてきている。

もちろん価格帯が上の製品とは機能的に差異はあるものの、コア部分の防護能力に関しては上位製品に全く見劣りしない製品もたくさん存在する。

この記事ではそういった今のウィルス対策ソフト事情を見ていくことにする。

↓ウイルス対策ソフト選びに迷ったらこれ!

20%OFFキャンペーン開催中!

↓ウイルス対策ソフト選びに迷ったらこれ

20%OFFキャンペーン開催中!

非常に防護能力が高まった現在のウィルス対策ソフト

今のウィルス対策ソフトは基本すべての製品がその能力を大きく進化させてきている。ウィルス対策ソフトが生まれた時代とはまさに桁違いの防護能力を備えるようになった。

インターネットを介する攻撃が急速に進歩するのに負けないよう、ウィルス対策ソフトもどんどん進化を重ねているのだ。

現在世に出ているウィルス対策ソフトのテストを行なっている第三者機関のレポートによれば、名のあるソフトは基本すべて非常に高いウィルスやマルウェアに対する防護能力を備えるようになったことが分る。

これらのレポートでは能力不足でお墨付きが出ないソフトの方がわずか、という状況になっている。

Windows Defenderが第三者機関調査で上位を獲得するように

こういったウィルス対策ソフトの能力向上は高価な有償ソフトだけに留まる話ではない。Windows 10などに標準搭載されているWindows DefenderやAVASTといった無償利用可能な製品も非常に高い性能を持つようになっている。

そういった状況はウィルス対策ソフトを定期的に評価し続けている第三者機関が証明している。たとえばドイツの機関であるAV-TESTの評価では、Windows Defenderが何度もおすすめプロダクトのバッジをもらい続けていることもそのエビデンスの一つと言えるだろう。

無償のウィルス対策ソフトだから「とりあえずのオマケ」といった状況はもはや過去のものと言える環境が生まれている訳だ。

Windows DefenderはWindows 10に標準搭載され普通にOSをセットアップすれば自動的に防護機能が有効になるため、リテラシがあまり高くはないユーザにも自然と安心度の高い環境が整うようになっている。

↓ウイルス対策ソフト選びに迷ったらこれ!

20%OFFキャンペーン開催中!

↓ウイルス対策ソフト選びに迷ったらこれ

20%OFFキャンペーン開催中!

無料ウィルス対策ソフトは基本コア機能のみ

無料で利用できるウィルス対策ソフトの防護能力は非常に高まっているが、有料のウィルス対策ソフトと全く同じ機能を持っている訳ではない。

Windows Defenderもそうだが、無償のウィルス対策ソフトはウィルスやマルウェアに対抗するための防護能力のコア機能に集中する作りになっているからだ。

現在のネットからの悪意を持った攻撃は非常に多彩な攻撃手段を使い分けるようになっている。これに対抗するために高性能・高機能な有償のウィルス対策ソフトはかつてのウィルス対策ソフトでは考えられなかった範囲まで防護手段の手札の数を増やしている。

こういった追加機能的な防護機能に関しては有償ソフトと無償利用可能な製品の間には大きな差が存在する

無償ソフトでもウィルスを載せたメールなど、昔からある古いタイプの攻撃などには十分な防護能力を発揮する。だが最近どんどん数を増やしつつある新しい攻撃に対応するには、よりたくさんの防護のための手札を持つ有償ソフトを使うことが有効な手段になる。

それぞれのユーザーのネットとのつきあい方に合わせて

インターネットを利用するサービスのどれをどう使うかはユーザーによってさまざまだろう。つまりユーザーのネットとのつきあい方によって必要なウィルス対策ソフトの防護機能のレベルも異なってくると言うことになる。

一般にはネットのサービスの利用の仕方が軽いユーザーほど機能の小さなウィルス対策ソフトで済む可能性が高くなると言えるかもしれない。

例えばネットバンキングなどをフル活用するユーザーなら、ネットバンキングの保護を目的とした機能を持つ高機能タイプのウィルス対策ソフトを選択した方が安全度、安心度が高まると言える。

家族が使う端末のセキュリティを一括管理したいなら、ペアレンタルコントロールの機能を持つウィルス対策ソフトを活用するのが楽だ。一般にはこういった機能を持っているのも有償の高機能製品になる。

上手にさまざまなウィルス対策ソフトをチョイスして、安全かつリーズナブルにネットとつき合うようにしたい。

↓ウイルス対策ソフト選びに迷ったらこれ!

20%OFFキャンペーン開催中!

↓ウイルス対策ソフト選びに迷ったらこれ

20%OFFキャンペーン開催中!

このページの先頭へ