Windows DefenderがあるWindows 10で他のウィルス対策ソフトを使う意味は?

Windows系のOSの最新バージョンWindows 10には標準でマイクロソフト製のウィルス対策ソフトWindows Defenderがインストールされている。

Windwos Security Essentialsなどの延長にあるウィルス対策ソフトだ。

かつてのこのソフトはとりあえず無料で使えることにだけ注目が集まるタイプのソフトで防護能力に関しては高いものではなく、そちらの面で利用が推奨されるソフトではなかった。

だが特に標準添付されるようになったWindows 10リリース後に関しては防護機能の向上には目を見張るものがあり、純粋な防護能力に関してはメジャーメーカーの有名なウィルス対策ソフトに肩を並べる能力を持つようになった。

そうなるとわざわざ有料の他社製品を導入する意味が失われると考えるユーザーも多いかもしれない。だが実際には有償製品には有償製品ならではの強いアドバンテージが生み出され続けていて、Windows Defenderを代替するメリットは今でも十分に存在する。

今回はこの辺りも含めた今のウィルス対策ソフト事情を見てみよう。

↓ウイルス対策ソフト選びに迷ったらこれ!

20%OFFキャンペーン開催中!

↓ウイルス対策ソフト選びに迷ったらこれ

20%OFFキャンペーン開催中!

非常に性能が高くなったWindows Defender

冒頭でも触れたがWindows Defender自体のウィルスやネットからの攻撃に対する防護能力は非常に高くなっている。この機能だけで比較するなら、無料のセキュリティソフトだからメジャーな有料製品よりも劣る、という理屈はもう通用しない。

ウィルス対策ソフトの機能や性能の評価を行なう第三者機関のAV-TESTなどが定期的にそれぞれの製品のテストを行なっているが、Windows Defenderはここしばらくずっと高いスコアを記録し続けている。

特に防護能力においては他社製品に伍してトップクラスの性能を誇る。

基本的なウィルスやマルウェア、ネットからの攻撃に関して言えば、Windows 10では標準搭載のWindows Defenderだけでも十分にまかなえる状況が生まれていると言える。

また、Windows自体をもっともよく知るマイクロソフト自身が手がけるウィルス対策ソフトであることもWindows Defenderの強みになる。

さらにWindows Defenderは高い防護性能を持ちつつ、何も問題がないソフトを誤検出で削除してしまうようなトラブルも少ない。

最新のWindows Defenderはとても優秀なウィルス対策ソフトに育ったいるのだ。

防護のコア機能しか持っていないWindows Defender

ただ無償であることもあってかWindows Defenderも完全なセキュリティのソリューションという訳ではない

多くの無償利用可能なウィルス対策ソフトと同様に、Windows Defenderも各種攻撃に対する「コア機能」のみに集中した作りになっているからだ。

現代のネットに接続するデバイスを使っているときに遭遇する攻撃は極めて多彩になっている。もう既にかつてのウィルス対策ソフトが求められていた防護機能だけでは対応しきれないような攻撃手段に誰もが遭遇しうる時代になっている訳だ。

Windows Defenderはそういった部分が弱い。

また、他社製のより高機能なウィルス対策ソフトを排除しないためにもコア機能以外のプラスα部分を今後強化することも考えにくい。

この点はウィルス対策ソフト選びの際にしっかりと頭に置いておきたい部分だ。

↓ウイルス対策ソフト選びに迷ったらこれ!

20%OFFキャンペーン開催中!

↓ウイルス対策ソフト選びに迷ったらこれ

20%OFFキャンペーン開催中!

攻撃手段は非常に多彩に

ネット利用の際に遭遇する悪意のある攻撃の手段は非常に多彩になり、そして今この時点でもその種類を増やし続けている。

CPUのハードウェアの脆弱性が報告されれば、すぐにその弱点を突くウィルスが生み出され世に放たれる。

Web広告の仕組みを悪用してニセのトラブル情報を表示してユーザーを驚かせ、ウソのサポートサービスに誘導して金をせしめるサポート詐欺といったものまで登場するなど、バリエーションに富んだ攻撃が生まれてくる。

こういった手を変え品を変えする攻撃は従来のウィルス対策ソフトのコア機能だけではもう手が足りない。新しい防護能力・機能を必要とする時期が来ている。

ウイルス対策ソフトはプラスαの防護機能で競う時代に

このような攻撃側の手札が極めて多彩になった今のセキュリティ事情の流れを反映するように、有償版のメジャー製品はすべてかつてのウィルス対策ソフトの機能の範疇を大きく超えるような防護機能まで手を広げるようになってきた。

ネットバンキングの保護のためにセキュアなブラウザを用意したり、フリーWi-Fiや公共無線LANホットスポットでのネット利用のプライバシー保護に非常に有効なVPN機能を搭載したり、家族をネットの脅威から保護するためのペアレンタルコントロール機能など、ウィルス対策ソフト側も多彩な防護機能を持つようになった。

そして毎年のようにこういったプラスαの機能部分の手を広げ続けている

この部分がまさにWindows Defenderなどの無償利用可能なウィルス対策ソフトと、より高機能な有償版ウィルス対策ソフトの差別化の観点と言えるだろう。

ウィルス対策ソフト選びの際にはコア機能部分の能力だけではなく、ユーザーそれぞれのパソコンやスマートフォンの使い方とウィルス対策ソフトの機能を突き合わせて製品の選択をするようにしよう。

↓ウイルス対策ソフト選びに迷ったらこれ!

20%OFFキャンペーン開催中!

↓ウイルス対策ソフト選びに迷ったらこれ

20%OFFキャンペーン開催中!

このページの先頭へ